男性器が小さい理由とは?

ペニス増大サプリででかくなればパートナーも大満足!セックスの相性にはやっぱり増大サプリ。ランキングで調べるのが一番です。
ランキング【1位】は効果抜群

■男性器が大きい人と小さい人の違いとは

男性器が大きい人と小さい人の違いはどこでうまれるのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

●そもそもの体質

男性器が短小な原因の一つとして遺伝というものが考えられます。

「生まれ持った体質」というと、背の高さのようにどうすることもできないんじゃないかと思うかもしれませんが、実はそれは全然違います。

ここでいっている遺伝というのは生まれつき男性器のサイズが決まっているということをいっているのではありません。

男性器が大きく成長するために必要な成分が体内で生成されにくい体質ということです。

身長のように生まれもった遺伝で男性器の大きさが決まっているというわけではありません。男性器の成長に必要な成分を効率よく摂取することにより、これからいつでも男性器を成長させることができるのです。

●筋肉が不足している

下腹部の筋肉が弱い人や太っていておなかが出ている人は男性器が小さい傾向にあります。原因は下腹部から男性器につながっている筋力が不足していることです。

男性器というのはそもそも下腹部から伸びている筋肉とPC筋で基礎ができていて、その周りを海面体細胞で構成されているという構造になっています。

勃起するときは海面体細胞が血液を吸収して膨張することにより勃起状態になります。筋肉が緊張して大きくなって男性器をつり上げて反り返るような形になるのが勃起状態といわれている状態です。

ここのPC筋の筋力が弱っていると男性器そのものが勃起しにくくなるのです。

筋力が弱かったり太ったりしている人は、下腹部の脂肪を減らして筋力を強化することで男性器が大きくなります。

●包茎

包茎状態というのも男性器を小さくしてしまっている原因の一つです。包茎というのは亀頭に皮が被っている状態です。

小さい子供の頃は亀頭に皮が被っているのは当たり前のことですが、思春期になって大人になるにつれて徐々に男性器の皮がむけていって、大人の男性器になっていきます。

人によっては大人になっても亀頭に皮が被った包茎状態になっていることもあって、勃起したときでも皮がかぶっているということもあるのです。

仮性包茎:通常時は亀頭に皮が半分くらいかぶっている。勃起すると完全にむける。

真性包茎:通常時も勃起時も亀頭に皮がかぶってむけない状態。性行為が難しいこともあり、できれば手術で治したい状態

他にはカントン包茎というのもあって、皮の先端部分が細くなっていて、勃起すると亀頭を締め付けてしまう包茎のことをいいます。

上記のように包茎には種類がありますが、どの包茎でも亀頭に皮がかぶっている状態です。

亀頭に皮がかぶっている包茎状態というのは、亀頭に皮が被っている状態なので、男性器増大にはマイナスということです。

包茎の男性器と正常な男性器では数センチもさがあるといわれているくらいです。

包茎が原因の場合は、包茎を治すことで男性器が大きくなる場合があります。